今頑張っている仲間と京都での一幕

週末はお客様への訪問と大学時代の友人の結婚式ということで京都へ。
ちょっと慌ただしくて観光などはできませんでしたが祇園や先斗町を少し歩いてきました。
そこで見つけた懐かしい店。

DEN★EN@木屋町

京都の学生ならみんな知ってるんじゃないでしょうか?
もともと安いのですが我々同志社メンバーは努めて月曜日にこの店へ。
晩ご飯も節約のために納豆を買いだめして、携帯電話もなるべく使わずにMSNメッセンジャーを無料で使っていた学生時代を思い出しました。
お恥ずかしながらテスト期間中はよく携帯も止められ、「嘉紀はメッセンジャー上にいるから」と友人からの連絡はMSNメッセンジャーで。。

披露宴で久しぶりに会った同級生、大阪維新で活躍する守島議員。
大変な時期なので少し顔を出すだけと言いながら軽く話すことができました。

そこで彼が言ってた話を簡単に。
「行政はP/LだけでなくBSもきちんと把握すべき。民間企業では当たり前のことを当たり前のようにやることが大事」
※P/L=Profit and Loss Statement,損益計算書
 BS=Balance Sheet,貸借対照表

「BSを見ていないから長期的な財政状態を把握できないし、短期的なコスト減を進めてしまう。それはリスクである」
ということだった。

私は実際に行政で働いているわけではないので上記観点がどれくらいの程度のものなのかは全て把握しているわけじゃないですが、そうであればそこは改善点でしょう。
(だからと言って今行政で働いていらっしゃる方を批判するものではないと思いますが)
個人事業主や小規模企業はP/Lとキャッシュフローだけ見ていれば大丈夫という側面がありますが、中規模以上の企業になるとそれは難しい。
(もちろん事業体によりますが)

「経営」である以上は長期的な視野で戦略を策定するべきであるし、実際にそういったオペレーションを取り入れるべきでしょう。
まぁ、民間企業でもそれをちゃんとできているかはわかりませんが・・・

先日から私が考えている「フォロワーシップ」という考え方。
誰の意見も正しいし、違う側面や立ち位置から考えれば間違っている可能性があります。
ただそこに興味を持ち、知識を持ち、議論していくことが大事で、その辺の居酒屋で話せるのも大事だと思っているわけです。
経営も、政治も。皆が参加すること。

久しぶりの友人と会うと刺激も多いし、指摘もされるのでインプットが多い。
手の届くところに常にモノを置くんじゃなくて、たまには遠くに取りにいくのも悪くない。

株式会社OCEAN’S
葛城 嘉紀