一回死んだらゲームオーバー?

小保方さんの会見見ました。

「研究者として脇が甘い」
「実力不足」

など、様々な報道がなされています。
ただ思ったことは、、

「日本が一度ミスしてもゲームオーバーにならない国や文化であって欲しい」

それだけ。

方法論についてや研究者としての実力という観点では僕は議論できませんが、「誰かのために」という想いがあってやっていることであれば。

大阪の橋下さんに関しても、安倍総理にしても。
叩きどころって一杯ある。
でも目立つことができるひとやリーダーシップをはれる人って少ない。

間違いや欠点や失態は人間だったら誰にでもある。
スキル不足もたくさんある。
批判ばかりや重箱の隅を突くのではなくて、サポートしてあげたり是正するチャンスを与えてあげられる文化であって欲しい。

若手ベンチャー経営者なんて失敗だらけ。
一個のミスでゲームオーバーならもうとっくに終わってる。
一層、何回もチャンスを与えてくれる周りに感謝したい。

株式会社OCEAN’S
葛城 嘉紀