『守破離』

「守破離(しゅはり)」という言葉を知っていますか?

■Wikipedia
日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。
まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

この言葉すごいなと思うのです。
最初はみんな素人で、師匠のやってきたことを学び守る。
でもいつかはそれだけじゃ駄目で、自分なりの色も出さないと成長もない。
そして最後に独り立ちし、自身が師匠になる。

「つべこべ言わずに年長者の意見を聞いてやりなさいよ」
「人の指示を待っているだけじゃなくて、自分の頭で考えなさいよ」
「いつまでも誰かに頼らずに、独り立ちしなさいよ」

全部入ってる言葉なんです。
たった「守破離」という3文字で表現している。

先日、キックボクシングのトレーナーさんが言ってた言葉で、「本当に強くなる人は、まず素直に僕の言うことを聞いてくれる人です。誰だって人から指示されるのはイヤなので。基本的なジャブの打ち方、キックの出し方を学んだ後に自分の体格や考えに合わせて変えられる人が試合で勝ちます。でもなかなかそれが難しい。笑」と。

先日のエントリーでも似たようなことを書かせていただきましたが、空手をやってた自負があり大変お恥ずかしながら意気揚々とキックボクシングをスタートさせました。
「あー、葛城さん、そのパンチの打ち方は空手打ちで100%の力で拳を突いてますね?駄目ですね。。キックボクシングは肩の力を抜いてパンチが当たる瞬間だけ握ってください。肩の力を抜いて骨盤でパンチ打ってください。じゃないと当たんないですよ。過去は一旦忘れましょう。」

そういや練習前に「骨盤歩き」という基礎トレーニングを毎回やるな・・・
僕はこの「骨盤歩き」というトレーニング、何故やるのかわからなかったのです。
なんとなくサンドバッグ殴ったり、スパーリングの方がレベル上がってそうだし、何より楽しいし。。
でもこの「骨盤歩き」が鋭いパンチを作る効果的な練習法らしいのです。
それをきちんとやり続けないと成長はない。
ただ、それだけで終わっちゃ駄目で、自分の体格やファイトスタイルに合わせて、いつかは「破」のフェーズに行かなければならないのです。
トレーナーさんは「ちゃんと教えたこと聞いてくださっていればすぐ成長しますよ!」と爽やかに笑っていました。

仕事においての「守破離」も意識したいものです。
今までのキャリアを元に自分に問いかけ続けたいです。

『あなたがやってきた「守」は何ですか?』

1人でもいいのですが、師匠と呼べる人はいますか?
師匠にちゃんと教わりましたか?
それを守っていますか?
それを継続させていますか?
「型」を作ることから逃げていませんか?

『あなたは主体的に「破」を行いましたか?』

師匠と違ったやり方はできますか?
あなただけができることは?
主体的に動いていますか?
指示を待っていませんか?

『あなたは「離」を常に意識していますか?』

いつまでも誰かに頼っていませんか?
全部被弾することを恐れていませんか?
自分の人生を楽しんでいますか?
自分を犠牲にしてでも誰かに幸せを与えることができますか?

難しいことだからこそ、毎晩唱える。
頭に染みこませる。

株式会社OCEAN’S
葛城 嘉紀