CONCEPT

statement

経営の五業

1,全ての行動は誰かのために
 我々は提供するサービス・商品を通して関わる全ての方に価値を創出したいと考えます。
 我々の事業は営業、商品、経営など全てのセクションで「誰かのために」を考えます。
 根底にあるこの考え方が全ての経営判断・事業判断の基になります。

2,「自らの」「組織の」成長を追求し続ける
 我々は常に自らを成長させる環境に身を置き、組織を成長させる選択をとります。
 成長することはそれぞれにとって、また新たな成長機会を作り出します。
 学びを共有し合う環境作りにも注力し、全員が全員の成長のために努力します。

3,人の和を尊び、礼節と感謝の念を持つ
 組織としてチームワークに徹底的に重点を置き、業務を遂行いたします。
 そして仲間やパートナー、関わる業界に対する礼節を重んじ、常に感謝の念を持ち続けます。
 人を批判せず「ありがとう」「誰かのおかげ」という気持ちで和を育みます。

4,恐れず時代を理解し変革を続ける
 スタンスがブレないことを前提に変わることを理解し、捨てることを恐れない。
 時代の変化、ユーザーの志向性の変化に合わせて自分自身・組織を変革させます。
 考え抜いた思考・行動に対して失敗すること、変わることへの恐れは一切ありません。

5,陽転で物事を捉え、自責で物事を考える
 自分に起こる出来事は良いことも悪いことも全て自分の糧となります。
 仕事で失敗した時、相手を責めずにまずは自分の思考や行動を振り返ってみる。
 そして自分の成長へ、次の成功へと繋げます。