代表取締役社長 CEO
葛城 嘉紀YOSHIKI KATSURAGI

Story

Let all your actions be for someone.

代表取締役社長 CEO
葛城 嘉紀YOSHIKI KATSURAGI

OCEAN’S創業に至ったきっかけ

「誰かのために働く。しかも自分の力と実感できる形で。」
そう思って24歳の時に起業することを決めました。
学生時代、働くということは「生活のためにお金を稼ぐことかな?どうせなら好きなことを仕事にしたい」と漠然と考えていました。
だから大好きだった音楽を仕事にしたいとレコード会社に入社したのですが、一生懸命仕事をして「ありがとう」と言われるたびに、いつの間にか「好きなことを仕事にするより、誰かに貢献することの方が楽しい」と思うようになりました。
しかも、「自分の力でやりきった」と実感できる形で。
それが経営者になることを志した最初ということになります。

起業することを決めたタイミングで、ご縁があってお料理を仕事にしている方々や料理研究家の方と出会い、彼女たちや彼らのお料理というものへの向き合い方に非常に共感しました。
「お料理は誰かのために提供するもの。自分のためだけだったらこんなに毎日作れない」「大切な子供や旦那さんのために作りたい」。そんな声をたくさん伺い、お料理というものは「誰かのために」という僕の人生のテーマと非常に合致していると確信したのを強く覚えています。
母親が毎日つくってくれていた時には何も感じなかったのに。
少しは成長したものです(笑)

お料理やレシピというコンテンツの面白みや必要性もさることながら、それを作る人の想いをもっと届けることができるんじゃないか。お料理はその表現方法の一つであって大切なのは想いなんじゃないかと思ったのです。
そして僕はお料理を仕事にすることに決め、たくさんの方のサポートもあり、株式会社OCEAN’Sを創業しました。

OCEAN’Sってどんな会社?

僕らは創業以来、「お料理をつくる人」にきちんと向き合った3つの中心事業、レシピサイト「Nadia」、料理家マネジメント「Nadia Management」、料理研究家育成学校「Nadia Artist Academy」を展開しています。
Nadiaは「写真がきれい」「つくりやすい」「おいしい」という3拍子そろったクオリティの高いレシピを揃え、ご家庭に料理家さんの素晴らしいお料理をお届けし、Nadia Managementは日本で唯一無二の料理研究家マネジメント事業として多数の人気料理家を輩出。また、Nadia Artist Academyはマネジメント会社だからこそできる有名講師陣のラインナップとお仕事に直結するアフターケアを提供しています。
想いを形にするために、デザイン、システム、営業、マネジメントの各セクションが高度な戦略を立案し、事業展開しています。

OCEAN’Sは全員が「誰かのために」を考え、それを論理的に事業に落とし込み、徹底的にやりきることができるメンバーが揃っています。
メンバーのバックグラウンドはさまざまで、それぞれがユニークな個性と強みを持っています。
それを許容する土壌があるのもOCEAN’Sの特徴の一つであり、強みです。
ということなので、色々な人と働くことを僕自身も望んでいますし、色々な価値観を共有できたらと思います。
なんせ、OCEAN’S11ですから(笑)

これからOCEAN’Sが目指す世界

100年後も「全ての行動は誰かのために」と価値を出し続けている企業でありたいと思います。定量目標でいくと100年1000億企業でしょうか。
「継続」させるためには社員全員が成長しながら安心して楽しく働くことが非常に重要です。
その土台を築き、保ちながら、「食」「料理」「ライフスタイル」「ヒト」という分野で事業展開して参りたいと思います。
その事業展開は日本のみならずあらゆる国と地域も視野に入っています。
僕らの理念は全世界共通であると思います。

最後に

これから出会うメンバーのみなさんと「誰かのために」を考えながら共に働くことができることを願っています。
年齢も性別も関係なく自由に働くことができるのがOCEAN’Sです。
100年企業を共に長く作ることができる仲間と出会えることを心待ちにしています。

PROFILE
株式会社ソニーミュージックエンタテインメントでアーティストプロモーション活動を経て、株式会社リクルートへ。事業企画及び新規事業開発を担当。
2011年に独立起業。「食」と「料理」で人と人をつなぐというミッションの元、株式会社OCEAN’Sを運営している。
ゴールドジムラバー。
キックボクサー。(3戦2勝1敗)